毎年7月19日、20日の2日間で行われる「秩父川瀬祭」。冬の秩父夜祭と対比の祭りとして永く愛されている秩父の夏の風物詩で、毎年この期間は秩父の街が賑やかになりますが、今年は残念ながら新型コロナウィルスの影響を受け、屋台・笠鉾の曳き廻しや花火大会などが中止となってしまいました。

もともと疫病が流行する暑い夏に行い、悪疫除け祈願をする秩父川瀬祭。その神事は今年も粛々と行われました。その様子をレポートいたします!

関係者だけで始まった、秩父神社での静かな神事

20日の神事は秩父神社からスタート。本殿で悪疫除祈願を行います。


神社の境内には「疫病除けの茅の輪」が設置され、この輪をくぐれば「無病息災」のご利益を授かれるとのこと。参拝客もここをくぐりながら、新型コロナウィルスの収束を願っていることでしょう。


秩父神社の鳥居前にいる狛犬も手拭いのマスクを。祭り関係者の悪疫退散への強い想いを感じますね。


午前9時より神事が始まります。まずは本殿にて悪疫除祈願祭と御神幸祭本殿の儀が執り行われました。


厳かな空気の社殿の中から、宮司の祝詞奏上が聞こえてきます。


その後、同じ秩父神社の境内に合祀されている日御碕宮(ひのみさきぐう)にて神事を行います。

川瀬祭はこの日御碕宮の例祭。疫病が流行する暑い夏に行い、悪疫除け祈願の祭りとされています。今の世の中の状況から、この意味合いの神事はとても重要なのかもしれませんね。

 

道中楽を奏でながら、静かに荒川に向かう「御神幸祭」

ひと通り神社での神事が終わった後は、いよいよ荒川に向かう御神幸祭が行われます。例年であれば、神輿を担いで向かい、秩父川瀬祭の見どころでもある「神輿洗いの儀式」を行うのですが、今年は自粛のため神事関連のみ河原で行うこととなります。


10時頃、御神幸行列が出発します。赤い傘のもとにあるのが神幣。神様の依り代となるものです。


神社から河原まで約30分の道のりを、道中楽を奏でながら進行していきます。


途中、休憩を挟んだ中村町の公会堂前では秩父屋台囃子が演奏され、祭りの雰囲気を彷彿とさせる演出もありました。


10時30分頃、荒川に御神幸行列が到着。


手早く神事の準備を行い「荒川斎場祭」が執り行われます。

例年ではみられない特別な神事

御神幸行列が到着した荒川で、早速神事がスタートします。


荒川のほとりに鎮座した神幣に向かい、祝詞などが捧げられます。
祝詞の中にも「新型コロナウイルス」の言葉もあり、現況を神様に伝え、1日も早い収束を願う想いが伝わってきました。


その後、神幣は川に張り出した川大床(木の台座のようなもの)に遷座し、神主たちの祝詞が捧げられます。


大麻(おおぬさ)でお祓いを行った後、切麻(きりぬさ)と呼ばれる紙吹雪のようなものでもお祓いを行いました。厳かな空気の中、静かに舞い上がる切麻がとても印象的な神事ですね。

これらの儀式は例年の秩父川瀬祭では見られないものばかり。いつも以上に悪疫退散の想いを込めて、特別な神事が行われました。


最後に、神楽が奉奏されたのちに、祭り関係者が玉串を奉奠(ほうてん)して、荒川での神事は終了。秩父神社へと戻っていきます。

例年はここで400kgを超える神輿を荒川の中に運び入れ、威勢の良い掛け声とともに水しぶきが上がる「神輿洗いの儀式」が行われますが、今年は終始厳かな空気の中、静かに悪疫除を願う神事となりました。

悪疫除の想いをのせて。神楽奉納

荒川から戻り、秩父神社境内にある神楽殿で14時頃より神楽の奉納が行われました。


この日奉納された神楽の演目は5つ。特に50分の長めの演目で行われた「天の岩戸開き」は、独特の視点で描かれた舞とのこと。


約2時間にわたり、粛々と神楽が奉納されました。

秩父神社神楽保存会の新井さんは
「例年のように、神輿や屋台・笠鉾が出られず寂しいが、今の世界情勢なら仕方ない。神楽についても三密を避けるように、なるべく時間の短い演目などを選び工夫した。伝統芸能なので、少しでもその良さが伝わればと思っている。秩父川瀬祭は悪疫除けの祭りなので、しっかり行って来年につなげたい」
とお話しされていました。

大幅に縮小となった秩父川瀬祭。その中でも行われた神事には、悪疫除けの強い想いが詰まったものばかりでした。この想いが届き、1日もはやい新型コロナウィルスの収束が訪れるよう願うばかりですね。来年の秩父川瀬祭に期待しましょう!

トップに戻る