秩父夜祭

秩父

2016年にユネスコ無形文化遺産に登録された、埼玉を代表する冬の祭り。祇園祭、高山祭とともに日本三大曳山祭に数えられる。

2020/12/2(水)〜3(木)

見どころ

  • ユネスコ無形文化遺産
  • 出店がたくさん
  • 花火が上がる
  • 豪華な山車・屋台
  • 駅近

秩父地方の師走名物である「秩父夜祭」は、京都祇園祭、飛騨高山祭と共に日本三大曳山祭の一つに数えられ、2016年には「秩父祭の屋台行事と神楽」としてユネスコ無形文化遺産に登録されました。

一帯の総鎮守である秩父神社の例大祭であり、その起源は江戸時代にまでさかのぼります。

毎年、12月2日、3日に諸行事が華やかに行われる「秩父夜祭」は、秩父の人々にとって、一年の総決算ともいえる祭りです。

まつりの歴史

江戸時代の寛文年間(1661~73)には存在していたという記録があり、300年余りの歴史があります。秩父は古くから絹織物の産地だったため、江戸時代には祭りとともに絹取引の市が立ち、秩父の経済を大いに潤したことから、「お蚕(かいこ)祭り」とも呼ばれます。「秩父夜祭」は、秩父の人々にとって、蚕の世話や農作業を終えて一年を締めくくる大切な行事でした。絹市も復活し、秩父に住む人々の一年の総決算であることに変わりはありません。
昭和37(1962)年に2基の笠鉾と4基の屋台が「秩父祭の屋台6基」として国の重要有形民俗文化財に、昭和54(1979)年には「秩父祭の屋台行事と神楽」が、国の重要無形民俗文化財に指定されています。また、平成28年(2016年)12月には「秩父祭の屋台行事と神楽」を含む『山・鉾・屋台行事』33件が、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。

English

There are records stating that this event exist in the Kanbun era (1661-73), meaning it has some 300 years of history. Since time immemorial, Chichibu has been a recognized silk textile production region. In the Edo era, in addition to the festival, a silk market emerged, enhancing Chichibu’s economy. Due to this association, the festival is also colloquially called the “Silkworm Festival.” In this way, the Chichibu Yomatsuri has been an important rite for locals in concluding a year of tending to the silkworms and crops. The silk market has also been restored; still today, the silk trade is indispensable to the finances of the people of Chichibu.
In 1962, a total of six floats were inscribed as a national important tangible cultural folk property. In 1979, the Chichibu Festival Float Event and Kagura were inscribed as a national important intangible cultural folk property. In December 2016, a total of thirty-three items, among them the Chichibu Festival Float Event and Kagura, were inscribed as a UNESCO intangible heritage.

まつりの見どころ

12月2日は、秩父夜祭の宵宮(よいみや)と呼ばれます。宵宮は、お祭り本番を盛り上げる前夜祭に近いものです。朝から山車4基の曳きまわしが行われ、長唄※1を奉納する「曳き踊り※2」などが披露されます。また、屋台と屋台がぶつかりそうになりながら進んでいく迫力満点の「すれ違い」が見どころです。
3日の本宮(ほんみや)は、『動く陽明門(日光東照宮)』と言われるほど絢爛豪華な2台の笠鉾(かさぼこ)と4台の屋台が巡行されます。夜になると、笠鉾、屋台に灯がともされ、囃子の太鼓の音が響き渡ります。夜7時になると御神幸行列が御旅所※3(おたびしょ)に向けて秩父神社を出発。 そのあとを笠鉾と屋台が続きます。屋台の上では、囃子手※4たちが身を乗り出し、提灯をかかげながら、「ホーリャーイ、ホーリャーイ」の掛け声を連呼。江戸の囃子や祇園の囃子の調子とは違った、地響きのような豪快なリズム、お囃子、掛け声が賑やかです。クライマックスは、目的地である“御旅所”に着く直前の、団子(だんご)坂の曳き上げです。12~20tもある屋台と笠鉾が、段丘崖の急坂を、高まる掛け声に合わせて曳き上げられるさまは、圧巻です。
御旅所に一行が着く頃、花火が次々と上がり、冬の夜空をいろどります。ぼんぼりの灯りが幻想的な風景は、秩父夜祭の醍醐味だといえるでしょう。

《注釈》
1、長唄:歌舞伎で唄われる歌のこと
2、曳き踊り:笠鉾・屋台で行われる神楽。
3、御旅所:武甲山の男神と秩父神社の女神が出会う場所と言われている。
4、囃子手:屋台の前方に乗って、派手な襦袢をまとい、提灯を手にして「ホーリャイ、ホーリャイ」と大声で屋台の曳き手を鼓舞する人。

English

December 2 is the yoimiya, a small festival held before the full festival. This is like a “pre-game” to get in the mood for the main event. Four floats begin the rounds in the morning, and the hikiodori*1, which involves dedicating nagauta*2, is held. Seeing the way the floats careen past each other with just a hair’s breadth between them is also amazing.
The honmiya (main festival) on the third night involves six glorious floats that have been described as “moving versions of Toshogu in Nikko.” At night, the floats are illuminated and the hayashi performers begin beating drums. At 7:00 PM, a procession bound for the otabisho departs Chichibu Shrine. This is then followed by the floats. Hayashi*4 performers atop the floats lunge forward, holding lanterns and chanting together, “Ho-rya-i, ho-rya-i.” This style is different from both the Edo hayashi and Gion (Kyoto) hayashi, and has a rich rhythm that seems to tremble through the body. The climax comes just before they reach otabisho, and involves the floats ascending the Dango slope. These floats weigh between 12 and 20 tons, yet they ascend a steep, tiered slope to cries and chants. It is breathtaking.
When they reach their destination, fireworks begin going up, illuminating the winter sky. The enchanting view of lanterns is another signature sight of the Chichibu Yomatsuri.

Editor’s note:
1. Hikiodori: a form of kagura performed on floats
2. Nagauta: poetry recited in kabuki performances
3. Otabisho: where the male deity of Mt. Bugo and the female deity of Chichibu Shrine are said to meet.
4. Hayashi: performers who gather around the floats to encourage those pulling them and hoist up lanterns while wearing bold singlets and yelling, “Ho-rya-i, ho-rya-i.”

まつりを動画で体験!

まつりの詳細情報

開催場所・MAP秩父神社
アクセス...秩父鉄道「秩父駅」、西武鉄道「西武秩父駅」
…数ヶ所の臨時駐車場があり、詳しくはこちらをご参照ください
公式ホームページ 秩父観光なび
chichibu.lg.jp
参考スケジュール※以下は過去の参考スケジュールです。詳しくは公式ホームページをご覧ください。

【開催日:例年 12月2日・3日】

2日
【宵宮】
■「秩父神社神楽」奉奏
場所:秩父神社「神楽殿」
時間:10:00〜

■屋台曳き廻し・飾り置き
場所:秩父神社〜本町・中町・上町通り
時間:11:00〜20:00

■屋台曳き踊り
場所:秩父神社〜本町・中町・上町通り
時間:11:00〜16:00

■屋台芝居(中町張出舞台)
場所:屋台芝居会場
時間:18:00〜20:00

■花火打ち上げ
場所:羊山公園(打ち上げ場所)※花火の観覧は市内各所から可能
時間:19:00〜20:00頃

3日
【本祭・本宮】
■「秩父神社神楽」奉奏
場所:秩父神社「神楽殿」
時間:10:00〜

■笠鉾屋台曳き廻し・飾り置き
場所:市内
時間:10:00〜未明

■屋台曳き踊り
場所:秩父神社〜宮側・本町・中町・上町通り
時間:10:00〜13:00

■秩父路の郷土料理・土産品即売
場所:道の駅ちちぶ
時間:11:00〜22:30

■秩父郷土芸能公開
場所:①西武鉄道「西武秩父駅」前、②秩父鉄道「秩父駅」前、③矢尾百貨店第一駐車場
時間:①10:00〜17:00、②10:00〜15:30、③11:00〜18:30頃

■屋台芝居(中町張出舞台)
場所:屋台芝居会場
時間:11:00〜14:00

■おねり(歌舞伎道中)
場所:矢尾百貨店→本町会所→矢尾百貨店
時間:14:30〜16:00頃

■秩父歌舞伎公演
場所:矢尾百貨店第一駐車場
時間:16:00~17:30頃

■競技花火と観光スターマイン大会
場所:羊山公園(打ち上げ場所)※花火の観覧は市内各所から可能
時間:19:30〜22:00

まつりと一緒に楽しもう!

このエリアの観光情報

川越まつり

川越

江戸の文化を継ぐ山車巡行が魅力。ユネスコ無形文化遺産に登録された小江戸川越の最大の祭り。

2020/10/17(土)〜18(日)

見どころ

  • ユネスコ無形文化遺産
  • 出店がたくさん
  • 豪華な山車・屋台
  • 駅近

「川越まつり」は、川越氷川神社の秋の祭礼を根源とした、370年近く続く祭り。小江戸川越の象徴でもある蔵造りの町並みを中心に、約8mを超える大きな山車が町を練り歩きます。
2016年には、「川越氷川祭の山車行事」を含む33件の祭礼が「山・鉾・屋台行事」としてユネスコ無形文化遺産に登録されました。

まつりの歴史

慶安元年(1648)、当時の川越藩主・松平信綱※1が、川越氷川神社に神輿などを寄進して祭礼を奨励し、慶安4年(1651)から神輿が町々を巡行したことが「川越氷川祭の山車行事」の起源だといわれています。

文政9年(1826)に描かれた「川越氷川祭礼絵巻」には、山車行列が川越城へと向かう様子が描かれており、「天下祭※2」と呼ばれた、江戸の山王祭、神田祭とよく似ています。かつて川越は、江戸との間を結ぶ新河岸川の舟運により、物資のみならず江戸の文化も入ってきました。「川越氷川祭の山車行事」は江戸祭礼の様式の影響を強く受けているとみられています。

現在では、山王祭、神田祭ともに山車の巡行が見られなくなってしまったため、「江戸の祭り文化」を現代に伝える貴重な祭礼行事といえます。

English

In 1648, the lord of Kawagoe domain, Matsudaira Nobutsuna*1, donated a portable shrine to Kawagoe Hikawa Shrine. In 1651, the shrine made the rounds of the local towns, which is considered to be the origins of the Kawagoe Hikawa float festival today.

The Kawagoe Hikawa Festival Scroll, drawn in 1826, depicts floats in a procession towards Kawagoe Castle. It closely resembles the tenka-matsuri*2 events, such as the Sanno Matsuri and Kanda Matsuri of Edo. Kawagoe was at one time linked to Edo through the vessels that plied the waterways of the Shingashi River, so commodities and culture from Edo came on the boats. The Kawagoe Hikawa float festival appears to have been strongly influenced by the style of festivals practiced in old Edo.

Today, the Sanno Matsuri and Kanda Matsuri no longer involve floats, meaning the Kawagoe festival is a rare place to see the continuation of Edo era culture.

まつりの見どころ

小江戸・川越の象徴でもある蔵造りの町並みをバックに、絢爛豪華な山車が町々を続々と練り歩くその迫力は圧巻です。山車の高さは8mを超え、重さは2~3 tにもなるといわれています。また、山車は全部で29台もあり、その中には江戸時代に製作されたものもあります。

また、山車同士がすれ違う際は、相手の山車に向けて囃子台を回転させ、至近距離で囃子※3を打ち鳴らし、踊りを競い合います 。これは「曳(ひ)っかわせ」と呼ばれ、「川越まつり」最大の見どころです。

夜になると、山車や若衆※4たちが持っている提灯に明かりが灯り、昼間とは違ったきらびやかな雰囲気を楽しめます。それぞれの山車の曳き手たちは山車の前で提灯を高々と振り上げ、その周りでは囃子方への声援が飛び交い、 祭りの盛り上がりは最高潮に達します。

《注釈》
※1、松平信綱:江戸時代前期の大名で武蔵国忍藩主、同川越藩初代藩主。
※2、天下祭:数ある江戸の祭りの中で幕府によって行列が江戸城内に入ることが許された”将軍公認”の祭りのこと。主に日枝神社の山王祭と江戸の地主神だった神田明神の神田祭のことを指す。神輿の前後に30数台の山車や様々な練り物が従い、城下を練り歩く様は江戸町人の盛んな意気を示したとされる。
※3、若衆=山車の引き手など、祭りに携わる人の中で、若い人のことを指す。
※4、囃子=祭りなどで演奏される音楽。太鼓、笛、鉦(かね)などを使う。

English

The warehouse style streetscapes of Kawagoe, which is described as a microcosm of Edo, create a backdrop in which gorgeous floats parade through town. They exceed 8 meters in height, and reach 2-3 tons in weight. There are 29 of these floats in total, with some having even been made in the Edo era.

When the floats pass by each other, they vie for each other’s attention, trying to outdo the other float — they rotate the performing pedestal and get up close to the other float, playing their hayashi*3 instruments loudly. This is referred to as hikkawase and is one of the signature sights of the Kawagoe Matsuri.

At night, the floats and lanterns held by the wakashu*4 are illuminated, creating a brilliant scene different from what you will see by day. The operators of the floats hoist their lanterns high up before them, as each group roots for the performers they like best.

Editor’s note:

*1: Matsudaira Nobutsuna: a feudal lord in the early Edo era and the lord of Musashi province, as well as the first lord of Kawagoe domain
*2 Tenka-matsuri: of the many festivals held in old Edo, these were the ones formally approved by the shogun and allowing the procession to enter the Edo Castle grounds. This generally refers to Sanno Matsuri, associated with Hie Shrine, and the Kanda Matsuri, associated with Kandai Myojin Shrine, with ties to the local deity. Some thirty floats and various processions were held to congregate around the portable shrine, with the snaking lines around the castle suggesting the thriving spirit of Edo merchants.
*3 Hayashi: Music performed at festivals. Involves hand drums, flutes, and gongs.
*4 Wakashu: young men who pull the floats or are involved in the festival processions.

まつりを動画で体験!

まつりの詳細情報

開催場所・MAP川越市街中心部
アクセス…東武東上線「川越駅」、JR「川越駅」、西武新宿線「本川越駅」
問い合わせ先【川越市役所観光課】
メール:kanko@city.kawagoe.saitama.jp
お電話:049-224-5940

【川越まつり会館】
メール:matsurikaikan@city.kawagoe.saitama.jp
お電話:049-225-2727
公式ホームページ川越まつり公式サイト
https://www.kawagoematsuri.jp/
参考スケジュール※以下は過去の参考スケジュールです。詳しくは公式ホームページをご覧ください。

【開催日:例年 10月】

1日目
■神幸祭(じんこうさい)
場所:氷川神社・周辺
時間:13:00〜

■宵山の山車揃い
場所:各町の会所前
時間:18:00〜19:00頃まで

■鳶のはしご乗り
場所:埼玉りそな銀行前
時間:18:20頃〜

■曳っかわせ(ひっかわせ)
場所:仲町、札の辻、連雀町、本川越駅前、松江町、通町等の交差点ほか市内各所
時間:19:00〜21:00頃

2日目
■令和元年奉祝 山車巡行
場所:市役所前〜札の辻〜本川越駅前、通町の各交差点を結ぶルート
時間:13:30〜16:00
■曳っかわせ(ひっかわせ)
場所:仲町、札の辻、連雀町、本川越駅前、松江町、通町等の交差点ほか市内各所
時間:18:30〜21:00頃

まつりと一緒に楽しもう!

このエリアの観光情報