熊谷うちわ祭レポート

熊谷の街に「お囃子」が鳴り響くアツい3日間!「熊谷うちわ祭」レポート

熊谷の八坂神社の例大祭である「熊谷うちわ祭り」は「関東一の祗園祭」と呼ばれ、毎年7月20日〜22日の3日間に70万人以上の人が訪れる大きな祭りです。「さいたまつり」では、この「熊谷うちわ祭り」に3日間密着。ぜひ「熊谷うちわ祭」の魅力を感じてみてくださいね!

【1日目】3時間半にも及ぶ神輿渡御からスタート!夜の「初叩き合い」で熊谷駅前が熱気に包まれる!

「熊谷うちわ祭」はなんと朝6時から八坂神社にて行われる「渡御発興祭(とぎょはつよさい)」から始まります。八坂神社から神輿を担ぎ、熊谷の街を巡行し、神輿を安置する「御仮屋(おかりや)」までを目指す行事です。

朝一番から、祭関係者が八坂神社に集まります。

 

拝殿※1に安置された神輿。

 

宮司による祝詞奏上(のりとそうじょう)※2
八坂神社で神事を終えたら、いよいよ神輿渡御のスタート!「渡御祭」と呼ばれるこの行事は、重さ約1tの神輿を全行程約10km、約3時間半かけて、熊谷の旧市街地8か町を巡行します。100名を超える担ぎ手が、代わる代わる神輿を担いでいきます。

 

そして、いよいよ担ぎ出し!「せいや!せいや!」と担ぎ手の迫力みなぎる掛け声に圧倒されます!ちなみに、この日も、30度を超える猛暑日…。その暑さに負けず声を張る姿は見事です。

 

神輿巡行の途中、「途上奉幣祭(とじょうほうへいざい)」と呼ばれる神事が行われます。これは、祭りの安全を祈願するもの。

 

担ぎ手たちも、この時ばかりはしばし休憩。

最後に、神輿が向かうのは、祭り広場に設置された「御仮屋」。祭り期間中にここから神様が祭りを見届けます。

 

神輿を安置する御仮屋。

 

御仮屋前に到着した神輿。担ぎ手たちが最後の力を振り絞り、神輿を高く持ち上げます!ものすごい迫力!

 

到着した神輿を安置し「渡御着興祭(とぎょちゃくよさい)」を執り行い、初日午前中の行事が終了します。

 

祭り期間中、御仮屋では「熊谷うちわ祭」の“うちわ”が配布されます。その昔、赤飯を振舞っていたものを、うちわに変えたことで「熊谷うちわ祭」と呼ばれるようなりました。その名残が感じられますね。

 

御仮屋の背後には、「祇園柱※4」が設置。白木棉※5が静かに風に揺れています。

18時30分から熊谷駅周辺に交通規制が敷かれ、「初叩き合い」を迎えます。「初叩き合い」は熊谷駅北口の駅前広場に各町の山車・屋台が集結し、お囃子を叩き合い迫力の行事。「熊谷うちわ祭」最初の見どころです!

 

夕暮れを迎える頃、各町の山車・屋台が熊谷駅に向けて動き出します。

 

どの山車・屋台の「お囃子」も力強い演奏!勇壮な姿で熊谷駅を目指します。

 

山車・屋台の前では、各町の纏(まとい)が振られ、次々と駅前ロータリーに山車・屋台が集結してきます。

 

熊谷駅を背に、全町の山車・屋台が一列に並ぶ姿は圧巻!力強いお囃子が、熊谷駅前に鳴り響き、白熱した空気が熊谷駅前を包みました!

こうして、「熊谷うちわ祭」の初日は終了。まだ、初日だというのに、早くも祭りは最高潮を迎えたようでした。

トップに戻る