さいたまつり映え フォトコンテスト2018
龍勢祭レポート

龍勢祭の裏側にあるストーリーとは?密着取材がスタート!

毎年10月に秩父・吉田地区で行われる「龍勢(りゅうせい)祭」。代々伝承されてきた、農民による手作りロケットを打ち上げる、秩父を代表する祭りの一つです。

この手作りロケット「龍勢」は、各流派が毎年イチから作り上げており、細部の緻密な作り込みが当日の打ち上げに大きく影響します。

さいたまつりでは、2018年の龍勢祭に密着取材!龍勢の打ち上げ順を決める抽選会から始まり、様々な行程を経て作られた龍勢の打ち上げまでをご紹介していきたいと思います。

密着する流派は南新田原地区の「美峯雲流」

今回密着をさせていただくのは、吉田地区の玄関口である南新田原を拠点とした「美峯雲流(びほううんりゅう)」。参加する流派の中で1、2を争う少数精鋭ですが、歴史長い南新新田原の龍勢の伝統を脈々と継承しています。

また、吉田地区でなくても龍勢に興味があれば加われる流派で、30代の若い人も積極的に参加しています。8月12日にはその年の龍勢祭のスタートになる「奉納抽選会」が行われました。

 


「奉納抽選会」では神事によりお祓いを受けたくじを各流派の代表者が引き、当日の打ち上げ順を決めます。流派のメンバーの新井さん、息を飲む瞬間です。

 


美峯雲流は10番に決定!午前中の打ち上げとなります。毎年、午前中は晴天が多いことから、今年は青空に映える龍勢作りを進めていくとのこと。
いよいよ、龍勢祭の準備がスタートとなります。

龍勢の準備は約2ヶ月間。打ち上げに必要な火薬を詰める筒を作成したり、火薬を詰めたり、落下傘をつけたり…と、やるべき準備は多岐に渡ります。
それらの準備を、毎週一つずつ丁寧に行っていきます。

 


松の木をくり貫いて作る筒も、毎年イチから作成していきます。これら、付随する部品も全て毎年手作りで行うとのこと。さいたまつりではこれらの制作過程もお届けします。(写真は昨年使用した龍勢の筒。いちど使うと同じものを使うことはできない)

当日は華やかに打ち上がる龍勢ですが、その裏側では各流派のメンバーが手作りで試行錯誤をしながら制作しているなど、それぞれのストーリーがあります。今年の龍勢を一層楽しむ為にも、ぜひ、さいたまつりの龍勢裏側密着取材をお見逃しなく!

リアルタイムギャラリー

フォトコンテスト投稿作品をリアルタイムで掲載中!

トップに戻る