鴻巣びっくりひな祭り歴史・見どころ

歴史

節句人形が現在のような豪華な作りになり始める江戸中期頃から、鴻巣は「鴻巣びな」として有名で「関東三大雛市」のひとつに数えられていました。

特に鴻巣びなの着物の着付けは関東一という評判で、江戸の職人たちは競って鴻巣に修行にやってきました。明治になっても「鴻巣びな」の製作は盛んで「県内では、越谷6軒、大沢3軒、岩槻3軒に比べて、鴻巣の人形業者30軒、職人300人」という記録が残っており、その活況ぶりがわかります。

見どころ

「鴻巣びっくりひな祭り」の最大の特徴は、31段・高さ7mを誇る「ひな人形で飾る日本一高いピラミッドひな壇」です。会場となるエルミこうのすでは、1Fからひな壇を見上げることはもちろん、2Fから見下ろすこともできます。

また、びっくりひな祭りは複数の展示会場が用意され、、家庭で眠っている人形を募集し、合計1万体を超えるひな人形が各会場に並びます。

「鴻巣びっくりひな祭り」の最大の特徴は、31段・高さ7mを誇る「ひな人形で飾る日本一高いピラミッドひな壇」です。会場となるエルミこうのすでは、1Fからひな壇を見上げることはもちろん、2Fから見下ろすこともできます。

また、びっくりひな祭りは複数の展示会場が用意され、、家庭で眠っている人形を募集し、合計1万体を超えるひな人形が各会場に並びます。

 

トップに戻る