歴史・見どころ

鬼鎮神社の節分祭歴史・見どころ

歴史

鬼鎮神社は全国でも珍しい「鬼」を祀った神社として知られています。

由来に関しては諸説ありますが、1182年ごろ武将・畠山重忠が現在の嵐山町に住まいとして菅谷館を建築した際に、鬼門除けとして鎌倉街道に沿って建立されたと伝えられています。

強さの象徴である「鬼」は勝利の神様として、古くは武将や軍人が訪れました。現在では合格を祈願する受験生やスポーツなどで良い成績を収めたいという方々が訪れます。毎年2月3日に行われる「鬼鎮神社の節分祭」は、鬼が参拝者の悪魔を追い払うという珍しいお祭りで、日本で唯一の鬼の祭りとも言われ大変賑わいます。

見どころ

定刻になると、白装束で金棒を手にした赤鬼・青鬼が参道を歩き、社殿に入ります。

そして特設舞台から年男、神社総代と一緒に、福豆やミカン、団子、お菓子を舞台から大量に撒きます。ここでは「鬼」が豆を撒き参拝者の悪魔を追い払うとされており、「福は内、鬼は内、悪魔外」と全国でも珍しい掛け声を言うのが特徴です。

トップに戻る