白石の神送り

開催日:2020.5.10(日)

無病息災の祈りを書した小旗をかかげ、疫病を送り出す。

東秩父村の白石地区の住民によって、毎年5月の第2日曜日に執り行われる伝統行事です。「奈婦利神(なぶりがみ:疫病退散の神)を送るぞ、かぜの神を送るぞ」と墨で書かれた小旗を持ちながら、住人たちが地区内を練り歩き、一年の無病息災を願います。埼玉県の県指定無形民俗文化財にもなっています。

もっと知る!

詳細情報

開催日程

  • 5月10日(日)

    2020年の白石の神送りは、新型コロナウイルスの感染が拡大する懸念があることから、中止となりました。
    ■神輿作り
    場所:白石地区内
    時間:8:30頃〜

    ■祭典
    場所:八坂神社
    時間:13:00〜

    ■神送り
    場所:白石地区内
    時間:14:00〜

    ※くわしくは公式サイトをご覧ください。

場所・アクセス

白石地区

電車・バス
東武東上線「小川町駅」よりイーグルバス「白石車庫行」へ乗車、「白石車庫」下車徒歩5分
関越自動車道「嵐山小川IC」より約35分

主催

東秩父村白石地区

問い合わせ先

東秩父村 教育委員会事務局
TEL:0494-82-1230

このまつりをシェアする

トップに戻る