飯能まつり

飯能

多彩な山車屋台が街中を曳かれる、美しい晩秋のまつり。

2019/11/2(土)〜3(日)

見どころ

  • 出店がたくさん
  • 豪華な山車・屋台
  • 駅近

勇壮絢爛な山車屋台が街中に繰り出し、にぎやかな屋台囃子が晩秋の奥武蔵に響き渡ります。提灯に灯が入る夜の引き合わせは、絵巻物のような美しさです。

まつりの歴史

「飯能まつり」が始まる前、飯能市域では山車を曳く祭りが多数開催されていました。最初の山車祭りは明治初年、南高麗地区間野・直竹といった飯能の周辺地域で山車曳行航※1が行われました。大正時代以降になると市街地の祭礼でも山車曳きが行われはじめ、特に大正御大典祭(1915)、昭和御大典祭(1928年)、紀元二六〇〇祭(1940年)など、国家祝事では各町内そろって山車を曳くようになりました。

その後、昭和46年(1971年)には、飯能市街地に、各地域の祭礼で曳き出されていた山車・屋台が一堂に集まる「飯能まつり」が初めて行われ、現在では、山車・屋台が11台出場するにぎやかなまつりになっています。

English

Before the Hanno Matsuri got its start, there were numerous festivals in the Hanno region that involved pulling floats. The first of its kind was held in 1868 in the environs around Hanno, such as the Mano and Naotake districts in Minamikoma and involved floats being pulled. In 1912 and beyond, festivals in the city also began involving floats being pulled. Notably, national events like the Taisho emperor’s coronation in 1915 and Showa emperor’s coronation in 1928, and the 2,600th anniversary of the recorded history of Japan (1940), involved the local towns coming together to pull floats.

Then, in 1946, the Hanno Matsuri was first held. This involved the various floats that had been used at festivals throughout the Hanno region coming together in one place. Today, it has become a lively affair where no fewer than eleven floats can be seen.

まつりの見どころ

飯能まつりに出場する山車・屋台11台は、川越まつりに代表される人形等を乗せた「山車」と、 唐破風(からはふ)屋根※1や豪華な彫刻が特徴の「屋台」の2つに分類されます。また、1日目にはメインの山車屋台とは別に11台の底抜け屋台※2が各町内を廻ります。

2日目では、11台の山車・屋台が1対の万灯と、華やかな衣装の女の子による手古舞※3に先導され曳き廻されます。その他、獅子舞、まといはしご乗り、居囃子などの郷土芸能も堪能できます。また、山車・屋台が集まる引き合わせや総覧では、山車・屋台の見比べができるので、こちらも見どころです。

《注釈》
1、唐破風(からはふ)屋根:大きな屋敷や社寺の屋根に用いる、弓なりにそった形の屋根

2、底抜け屋台:屋台の床板が貼られておらず、歩きながらお囃子を奏す。

3、手古舞:花笠を背負って、重ね着した着物を片肌脱ぎ、裁着袴(たっつけばかま)姿の女子が鉄棒を引きながら、山車隊列の露払いとして、前方にいる子ども

English

These eleven floats are of two types: the doll-decorated ones seen in events like the Kawagoe Matsuri, and ones with karahafu*1 gables, and ornate carving. On the first day, in addition to the main floats, there are also ones with no floors*2 that make the rounds of the towns.

On the second day, the eleven floats partake in a procession involving lanterns and girls in glamorous garb acting as tekomai*3. In addition, there are lion dances, hashigonori, musical performance, and other traditional styles. When the floats all come together, you can also compare them with each other, which is quite fun.

Editor’s note:
1. Karahafu: a form of gabled, sloped roof seen on large villas and shrines and temples.
2. Floorless floats: these floats have no flooring and involve performing while walking along with the float.
3. Tekomai: a floral hat is worn and a layered outfit is worn off-the-shoulder, with decorative leg gaiters. These girls appear in front of the floats and carry iron clubs.

まつりを動画で体験!

まつりの詳細情報

開催場所・MAP飯能市中心街
アクセス..西武鉄道「飯能駅」、JR「東飯能駅」下車すぐ
主催・問い合わせ先飯能まつり協賛会
公式ホームページはんのう。いい塩梅。|奥むさし飯能観光協会
hanno-tourism.com
参考スケジュール※以下は過去の参考スケジュールです。詳しくは公式ホームページをご覧ください。

【開催日:例年 11月】

1日目
■子どもみこし
場所:大通り〜中央通り
時間:14:05〜15:45

■民踊流し
場所:まつり本部前→東町交差点
時間:14:40〜15:20

■よさこい(流し演技)
場所:まつり本部前→東町交差点
時間:15:30〜16:15

■よさこい(固定演技)
場所:銀座通り 12:10〜12:30、駅前通り 12:45〜13:05・16:30〜17:00

■底抜け屋台巡行
場所:交通規制内巡行
時間:17:00〜20:30頃

■底抜け屋台引き合わせ
場所:高麗横丁
時間:19:45〜19:55

2日目
■居囃子
場所:各所
時間:11:00〜17:00、17:30〜20:30

■山車巡行
場所:各所
時間:12:00〜20:40頃

■山車総覧
場所:駅前通り
時間:15:25〜16:05頃

■山車引き合わせ
場所:《第一回》広小路交差点 12:05〜12:20、《第二回》駅前通り 15:25〜16:05、《第三回》駅前通り 19:40〜20:00

■みこし練り歩き
場所:大通り、銀座通り、駅前通り
時間:9:20〜21:00

まつりと一緒に楽しもう!

このエリアの観光情報