土師祭

久喜

関東最大級の神輿、鷲宮神社「千貫神輿」に加え「らき☆すた神輿」も登場

2017/9/3(日)

見どころ

  • 豪華な山車・屋台
  • 迫力

毎年9月の第一日曜日に久喜市(旧鷲宮町)の鷲宮神社通り商店街で行われている「土師祭(はじさい)」。関東一円から集まる担ぎ手の玄人達が、関東でも最大級の神輿である鷲宮伝統の「千貫神輿(せんがんみこし)」を担ぎます。

2007年放送の人気アニメ『らき☆すた』において、鷲宮神社が舞台となったことから、2008年からは『らき☆すた』ファンによって担がれる「らき☆すた神輿」も登場。「コスプレ祭り」など新しいイベントも取り入れられ、メディアの注目を集めています。

まつりの歴史

土師祭(はじさい)とは、鷲宮神社境内に奉納されている通称「千貫神輿(せんがんみこし)」の渡御(とぎょ)※1の別名です。関東最古の大社として知られる鷲宮神社にあるこの神輿は、寛政元年(1789年)に造られたもので、関東最大級だと言われています。あまりの重さのため、担ぎ手は一回に約180人、交代要員を入れると500人以上が必要なことから、大正2年(1913年)には担ぎ手不足のため台車に乗せて引くようになりました。しかし、1983年に「大神輿を担ぎたい」という地元有志により70年ぶりに復活。今では、関東一円から担ぎ手が集まり、勇壮な姿を見せています。

また、2007年に、鷲宮神社を舞台とするアニメ『らき☆すた』が放送されたことから、2008年からは土師祭に「らき☆すた神輿」が登場し、全国から集まる「らき☆すた」ファンが担ぎ手となっています。これを契機に、「わしのみやMISSコン」、「コスプレ祭り」など新しい企画も取り入れられ、祭りに新しい風を吹かせています。

English

The Hajisai is another name for the event where the Sengan-mikoshi portable a shrine, an object of worship installed at Washinomiya Shrine, is transferred in a scared procession. Known as the Kanto region’s largest grand shrine, Washinomiya Shrine houses a portable mikoshi that was constructed in 1789 and is the largest of its kind in all of the Kanto region. It is so heavy that it requires about 180 people just to carry; including other personnel who swap in for the process, it requires a team of over 500 people to operate. In 1913, there were not enough people available to move it, so it had to be placed on a dolly. In 1983, however, local volunteers emerged who wanted to contribute to the community by carrying the shrine themselves, so it emerged again in its glory 70 years after the fact. Today, shrine bearers from around the Kanto region congregate to hoist the shrine, cutting an impressive figure.

In 2007, the anime Lucky Star, set at Washinomiya Shrine, was aired. The following year, a “Lucky Star Portable Shrine” appeared at the Hajisai Festival, with Lucky Star fans from around Japan coming to hoist the shrine. This has led to a range of new programming being incorporated in the event, such as a “Miss Washinomiya Contest” and a cosplay festival, breathing new life into it.

まつりの見どころ

縦・横ともに約1.4m、重さが3トンもあり、関東最大級といわれる「千貫神輿(せんがんみこし)」が見られる渡御※1は迫力があります。担ぎ手として関東近県から集まる約150団体、およそ1,500人のはっぴ姿の若衆の勇壮な姿も、祭り気分を盛り上げます。

2008年に誕生した「らき☆すた神輿」は布に描かれた絵を内側から照らす、万灯(まんどう)神輿と呼ばれるもので、その絵が『らき☆すた』のキャラクターになっています。「らき☆すた神輿」は、『らき☆すた』キャラクターの名前を掛け声に乗せて、鷲宮の街を練り歩く姿が定番となりつつあります。

巡行の最後に「千貫神輿」と「らき☆すた神輿」が神社鳥居前にて競演する様子は、ほかでは見られないユニークな光景です。

《注釈》
1、渡御(とぎょ):神輿・山車などが出かけて行く(巡行)こと

English

The togyo*1 is where the Sengan-mikoshi, Kanto’s largest portable shrine at 1.4 meters square and weighing 3 tons, can be seen. About 150 groups from Kanto’s prefectures come to hoist the shrine, with 1,500 men in happi coats cutting a bold figure and making for a festive mood.

The Lucky Star shrine, created in 2008, involves a cloth with a printed motif that is lit from the other side. These are called mando mikoshi (lantern shrines). In this case, the image features a character from the Lucky Star anime. For the Lucky Star shrine, those carrying it chant the names of the Lucky Star character as they snake through the streets of Washinomya. This shrine is fast becoming a new classic.

Seeing the Sengan-mikoshi and the Lucky Star mikoshi perform at the end of the procession, after they have reached the torii gates at the shrine, is something unique that you will see nowhere else.

Editor’s note:

  1. Togyo: portable shrines and floats making a procession out from their place of storage.

まつりを動画で体験!

まつりの詳細情報

開催場所・MAP鷲宮神社通り
アクセス…東武伊勢崎線「鷲宮駅」東口より徒歩約15分 、JR宇都宮線(東北本線)「東鷲宮駅」西口より徒歩約25分
(※JR東鷲宮駅西口より臨時バス運行の予定)
主催・問い合わせ先土師祭々典実行委員会
土師祭輿會 
電話 0480-58-0026
公式ホームページ土師祭(はじさい)/千貫神輿 公式サイト
http://www.wasimiya.org/hajisai/
参考スケジュール※以下は過去の参考スケジュールです。詳しくは公式ホームページをご覧ください。

【開催日:例年 9月の第一日曜日※次回開催未定】

■千貫御輿の出発時間
《昼》
神社出発:13:00
《夜》
神社出発:18:30

まつりと一緒に楽しもう!

このエリアの観光情報