歴史・見どころ

深谷まつり歴史・見どころ

歴史

深谷まつりは、天和元年(1681年)、深谷城城主の上杉氏が宿場の繁栄を祈願して城内にあった三社天王(弁財天・大黒天・牛頭天王)を、現在の相生町に移し祭祀した八坂神社の「八坂まつり」が起源。その後、各地域のまつりと融合しながら拡大してゆき、300年以上経った今では、深谷を代表するお祭りとなっております。

見どころ

みこし渡御(午前の部)には、その沿道に、なみなみと水を蓄えた水槽が用意され、通りすぎる神輿に水をかけていきます。会場は水しぶきとともに威勢の良い掛け声が響き渡ります。

土地柄、夏は猛暑に見舞われることが多く、神輿の担ぎ手の熱を冷ます目的で始まった水かけ(諸説あり)ですが、たくさんの水を浴びた担ぎ手たちの盛り上がりはさらにヒートアップ。より一層声を張り上げて神輿を担ぐ姿とアスファルトから立ち上るむせ返るような蒸気は深谷の夏の風物詩です。

また、花こいソーランパレード、ダンスイベントも開催され、夕方からは、山車・屋台の提灯が灯り、神輿との共演が始まります。14台の山車・屋台前を渡御する神輿の迫力は圧巻です。

トップに戻る