馬頭観音の絵馬市歴史・見どころ

歴史

上岡観音は、江戸時代より軍馬の守り観音・農家の馬の観音として信仰を集め、その後は旧陸軍の騎兵隊、馬車、バクロウ、競馬界の人々からも崇められ「上岡観音を参拝しない馬持は、ウマカッタと言ってはならない」とさえ言われていました。

これまで絵馬市では、馬の絵馬だけでしたが、牛の飼育が増えた現在では、馬に代わって牛の絵馬も多くなりました、

見どころ

参道に露店がズラリと並び、多くの人出で賑わう絵馬市。家内安全や交通安全にご利益があるとされる馬や牛などが手描きされた数百枚もの絵馬が境内に並びます。馬に関わりの深い人や運送業者らが絵馬を求めてやってくる昔ながらの絵馬頒布(はんぷ)の様子が見られます。

トップに戻る