有氏神社の盤台祭り

神川

別名「裸祭り」。氏子が白ふんどし姿で赤飯をまき散らす

2020/11/19(木)

見どころ

  • 珍しい奇祭

毎年11月19日に有氏(ありうじ)神社で行われる盤台祭りは、男衆のその姿から「裸祭り」とも呼ばれる特色のある祭りの一つです。

神事の後、白鉢巻に白ふんどしという姿で、赤飯を四方八方にまき散らします。赤飯が身体に当たるか、または食べると、その年の災厄から逃れることができ、お産は安産ですむと伝えられています。

まつりの歴史

有氏(ありうじ)神社は、武蔵七党の一つである児玉党の祖、有道維行(ありみちこれゆき)を祀(まつ)ると言われています。児玉党は武運が強く、子孫に恵まれる者が多かったという言い伝えがあることから、安産の神、子孫を授けてくれる神として信仰されてきました。

地元では、有氏は有道の発音が訛(なま)ったものだと言われ、盤台祭りが、「はだか祭り」のほか、「アリッツァマの祭り」といわれることもあるのは、このためです。

この祭りは正徳三年(1713年)に始まったとされ、300年以上も続く歴史あるものです。平成4年(1992年)には、「有氏神社の盤台祭り」の名称で、埼玉県の無形民俗文化財に指定されました。

English

Ariuji Shrine is held to deify Arimichi Koreyuki, the founder of the Kodama clan, one of the seven Musashi clans. The Kodama clan was quite successful in battle, and many of them had offspring. For this reason, Arimichi came to be the patron deity of safe childbirth and descendants.

It is said that in the local dialect, the name of Arimichi is often mispronounced, so the Bandai Matsuri, in addition to sometimes being called the “Naked Festival,” is also called the “Aritsama Festival,” a corruption of Arimichi.

The festival is held to have begun in 1713 and has persisted for over 300 years. In 1992, it was inscribed as an intangible folk cultural property of Saitama Prefecture under the name, “Ariuji Shrine Bandai Festival.”

まつりの見どころ

祭り当日に、赤飯とシトギ※1を作り、赤飯は大きな盤台(ばんだい)※2に盛り付けておきます。準備が終わると、神官を先頭に神社へ行き、社(やしろ)の前で祭典が執り行われます。
祭典後、白ふんどし姿になった10人ほどの男性たちは、赤飯が入った盤台を高々と持ち上げ、「上げろ、下げろ」の掛け声も勇ましく、境内を練り歩きながら、盤台の中の赤飯を四方八方にまき散らします。その赤飯を食べると、子宝に恵まれたり、難産除け、さらに厄除けにもなるといわれ、集まった参詣者たちは競って取り合います。この間、約5分と短い時間ではありますが、熱気に満ち溢れています。

《注釈》

1、シトギ:水に浸しておいたうるち米を臼でついたもの。盤台祭りでは、神事の際に奉納するもの。
2、盤台(ばんだい):浅く作った、円形の「たらい」

English

On the day of the festival, red rice and shitogi*1 are prepared. The red rice is served on a large bandai*2. Once preparations are complete, the procession heads to the shrine, a Shinto priest at the head. At the front of the shrine, the festival is held.
After the rites, about ten men in white loincloths hoist a tray containing red rice. They chant, “Hoist it up, pull it down!” in bold voices and walk around the grounds, dispersing the red rice in all directions. It is believed that eating this red rice leads to children, as well as warding off difficult childbirths and other ills. The pilgrims in attendance vie for a piece of the rice. This process lasts just five minutes, but it is quite intense.

Editor’s note:

1. Shidoki: nonglutinous rice soaked in water and pounded in a mortar. This item is given as a votive offering for the Bandai festival.
2. Bandai: a shallow, circular tub.

まつりを動画で体験!

まつりの詳細情報

開催日時毎年 11月19日
開催場所・MAP埼玉県児玉郡神川町下阿久原34
アクセス…JR本庄駅からバスで約45分、バス停上武橋下車徒歩約10分
…関越道本庄児玉ICから国道462号経由 約25分、道のオアシス(神泉:神川町下阿久原110)に駐車可能
主催・問い合わせ先神川町役場 生涯学習課 文化財担当
TEL:0274-52-2586
公式ホームページ埼玉県神川町ホームページ
town.kamikawa.saitama.jp
参考スケジュール※以下は過去の参考スケジュールです。詳しくは公式ホームページをご覧ください。

時間:10:00頃から(神事の後に行われます)
場所:有氏神社
※小雨決行
※盤台行事自体は神事の後5分ほどで終了します。ご見学の際はお早めにお集まりください。