さいたまつり映え フォトコンテスト2018

【グルメ】毛呂山でがっつりランチなら、名物“豚玉毛丼”の「毛呂山食堂」

毛呂山の老舗「毛呂山食堂」は、地元の人から「もろしょく」と呼ばれ、永く愛され続けてきたグルメスポットです。昔から変わらない味で人気の焼きそばや地元産の食材をふんだんに使った毛呂山のB級グルメ“豚玉毛(ぶったまげ)丼”など、「もろしょく」ならではの味を楽しみに、多くのお客さんが訪れています。

 

毛呂駅から徒歩4分ほど。地元の人に毛呂山のおすすめグルメスポットを聞けば、口をそろえて「もろしょく!」と名前が挙がるほど有名な食堂です。暖簾をくぐると、「いらっしゃい」と店主が温かく迎えてくれます。この道40年のベテランで、先代の父から店を継いで家族経営でやっている食堂です。

 

なんとラーメンが1杯500円(税込)! 良心的な価格設定に驚きますが、これも店主が、誰でも気軽に入れる食堂にしたいという想いからだそう。

 

先代の父が考案した「焼きそば(税込580円/大盛り)」。こだわりは麺の調理法にあり! 生の麺をセイロで蒸してから数日ねかせ、さらに冷却して調理しているそう。手間暇かけた麺はコシが強く食べごたえ十分。具材はキャベツで、ラードで炒めるというシンプルでありながら、深い味わいです。

 

いよいよ、毛呂山のB級グルメ「豚玉毛(ぶったまげ)丼」とご対面! 味噌汁とお新香がついて税込650円。“ぶったまげ”とは、地元産の豚バラの“ぶ”、赤玉(鶏卵)の“たま”、毛呂山の“げ(毛)”のことです。

 

アクセントの「桂木ゆず」の香りがふわっと広がる中、赤玉をスプーンで軽くつぶすと、とろ〜んと黄身がとろけだします。

 

肉厚な豚バラにからめてパクリ。ほろっとかみ切れる豚バラに、甘口のタレが最高によく合います。ふわふわの玉子との相性も抜群です! タレがからんだご飯も美味で、あっという間に完食です。

この道40年のベテランの店主の想いがつまった「毛呂山食堂」。毛呂山の歴史をたくさん見てきた店主とお話しするだけでも、訪れる価値があります。仲良くなるとメニューにのっていない裏メニューもこっそり教えてもらえるかも!?なお、毛呂山町内で「豚玉毛丼」を提供している店はいくつかあり、それぞれの味を出しているそうなので、せっかくなら食べ比べしてみるのも面白いかもしれませんね!

トップに戻る