さいたまつり映え フォトコンテスト2018

【見どころ】室町時代から続く伝統工芸を体験!「和ろうそくHAZE(ヘイズ)」

起源は室町時代までさかのぼるともいわれている「和ろうそく」。その伝統的な工芸品を後世に伝えるべく、2015年にオープン。和ろうそくの販売だけではなく、実際に作業しているところが見られたり、手作り体験ができたりと特に女性に人気のスポットです。

 

中に入ると、雰囲気のいい、まさに工房という感じがするお店。木のあたたかさや温もりが感じられますね。

 

目の前では、早速、和ろうそくづくりを見ることができます。

 

こちらは製作途中の和ろうそく。一本、一本、丁寧に仕上げていきます。

 

スタンダードな和ろうそくは白色をベースにしたものが多いとのことですが、「HAZE」の和ろうそくはパステルな色づかいが特徴。色の組み合わせ方によって、バリエーションが豊富なので、自分の好みにあったものが見つけられそうですね。

 

商品の名前もキレイですね。色のグラデーションがまさに「虹」のように見えますね。

 

こちらは単色で少し小さいもの。好みの色を5色選べる「カラフルミニー(5本入り、税抜1,800円)」。

これ以外にも、燃焼時間が7分のとっても小さいタイプなど、色だけでなく、用途の違いでも商品が選べそうですね。

 

こちらは、和ろうそくの原料となるハゼの木の実。実を砕く、蒸す、絞り出すという工程を経て、ろうそくの原料になる「ハゼロウ」が出来上がります。

 

木の実から作り出す、和ろうそくは風がなくても炎が揺らぐという特徴があるそう。これだけ大きな炎が揺らぐと、何だか落ち着きそうな感じがします。

伝統工芸に、現代のセンスやライフスタイルを加えた「HAZE」の和ろうそく。半身浴の最中や、お酒を飲むときなど、リラックスしたいときに使う人もいるとか。あなたのお気に入りの1本を見つけて、使ってみてはいかがでしょうか。

観光地情報

■スポット名
HAZE

■住所
川越市元町1-12-6

■電話番号
070-5563-4862

■営業時間
11:00-18:00

■定休日
水曜日

「HAZE」公式サイト
トップに戻る