さいたまつり映え フォトコンテスト2018

【グルメ】1日100杯も出る!行列の絶えない武蔵野うどん!江戸末期創業の「古久や」


飯能で美味しいうどん屋さんと言えば、江戸末期創業の老舗「古久や」。地元のお客さんからハイキング客まで毎日大勢のお客さんが訪れ、1日平均して100杯ほどのうどんが出る人気店です。現在6代目の若店主が先代から受け継がれた味を守ります。

 


西武線の人気うどん店を巡る「うどんラリー2018」にも登場。ちなみに現店主は飯能まつりで「飯能 原町囃子連」の会長を務めているので、店内にはお祭りの提灯も飾られています。

 


「古久や」ではもりうどんやたぬき、月見などの定番メニューも豊富ですが、人気なのは「肉つゆうどん(写真は並。税込710円)」です。これはいわゆる“武蔵野うどん”といわれる郷土うどんで、温かい肉汁にうどんを付けて食べるスタイル。冷たいうどんと温かい釜揚げうどんの2種類から選べます。

 


うどんの麺は毎日手打ちしている自家製麺。一般的な武蔵野うどんと違い「古久や」の麺は少し細めにしているのが特徴的です。

 


肉つゆは、シンプルに豚肉とネギと椎茸のみ。昔、林業で現場仕事をした人がよく食べにきていたことから、塩分補給の意味合いもこめて、代々少し濃いめの味付けにしているのだそう。

 


これからの時期だと、釜揚げうどんがおすすめです。麺が柔らかいので、肉つゆとよく絡みます。冷たいうどんは、麺がキュッとしまり歯ごたえがあるので、食感を楽しみたい方にオススメです。

店内は席数が限られているため、お昼時間をはずしたほうがスムーズに入れる確率が高いです。人気の「肉つゆうどん」をぜひ味わってください。

リアルタイムギャラリー

フォトコンテスト投稿作品をリアルタイムで掲載中!

トップに戻る