【見どころ】鉢形城歴史館・鉢形城公園

寄居町の有名観光スポットの一つ「鉢形城跡」。戦国時代の代表的な城郭跡として、昭和7年に国指定史跡となりました。かつて、後北条氏が重要な支城としており、その規模は関東地方において、有数の規模を誇るものとなります。

現在この「鉢形城跡」には、歴史館・公園があり、その歴史を感じることのできるスポットとして、多くの方が訪れています。

 

こちらが「鉢形城歴史館」の入り口。

 

館内に入ると、階段下に大きな門が見えます。この門は城の入り口を守る「櫓門(やぐらもん)」。

 

「櫓門」の上から、敵襲を監視している様子まで再現されています。

 

「鉢形城歴史館」の目玉であるジオラマ「鉢形城ワープステージ」(常設展示)。当時の鉢形城を見事なまでに再現。当時と現在の違いを照らし合わせる、といった楽しみ方もできそうです。城の左側を流れるのは荒川。この荒川は、昔から変わらずにこの鉢形を流れているんですね。

 

映像で学ぶ「鉢形城と北条氏邦」では、目の前の映像ともにジオラマにライトが当たり、どの場所でどのようなことが起きたか、などを知ることができます。

 

「歴史館」から外に出れば、当時の面影を残した公園を散策できます。こちらは三の曲輪(くるわ)。

 

敵の侵入を防ぐ役割を担っていた土塁(どるい)の跡地。今でもしっかりとその痕跡を確認することができます。

 

当時の立派な門構えを復元した「四脚門」。

 

「鉢形城跡」から寄居市街を眺めることができます(下をのぞきこむと荒川も見えます)。「鉢形城」のふもとにある荒川で、「寄居北條まつり」や「寄居玉淀水天宮」が開催されます。

寄居の歴史を肌で感じることができる「鉢形城歴史館・鉢形城公園」。歴史を知ると、寄居で行われる祭りをさらに楽しむことができそうですね!

観光地情報

■スポット名
鉢形城歴史館

■住所
寄居町大字鉢形2496-2

■電話番号
048-586-0315

■開館時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)

■休館日
月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日)、祝日の翌日、年末・年始

■入館料
一般/200円(団体/100円)
学生等/100円(団体/50円)
70歳以上、小学生・中学生以下、障害者手帳をお持ちの方/無料 (申請書は不要です)
※鉢形城公園はいつでも入ることができます(但し、寄居玉淀水天宮祭時は花火打ち上げのため入れません)

鉢形城歴史館
トップに戻る