さいたまつり映え フォトコンテスト2018

【見どころ】緑豊かな庭園で一休み。熊谷市指定文化財、名勝「星溪園(せいけいえん)」

祭りの喧騒から離れ、少し一休みをしたくなったら「星溪園」がおすすめです。熊谷市指定文化財、名勝である「星溪園」は回遊式庭園で、熊谷の街中にありつつも、緑豊かな様々な木々に囲まれ、とても涼しい空間です。庭園自体は無料で散策が可能なので、気軽にゆったりと過ごせます。

 

趣のある入り口。

 

うちわ祭の当日には、お茶会も催されるようです。

 

緑に囲まれた庭園に入った途端、あたりの空気がすっと変わり、とても静かで涼しい空間に身を置いたような感覚になります。

 

庭園内には、「玉の池」と呼ばれる池があります。1623年、荒川の洪水により、園の西にあった土手(北條堤)が切れて池が生じ、その池から清らかな水が湧き出たことから、このように呼ばれるようになったとか。

 

「玉の池」の中心にある「あづま屋」。ここで、静かに緑の木々を眺めながら休むのもいいですね。

 

また、庭園内には茶室などもあり、趣深い日本家屋を観ることもできます。
※茶室利用は事前に予約が必要

 

和の空間でお茶会を楽しむのもおすすめです。

祭りの喧騒から離れ、静かな庭園で体を休める、そんな過ごし方ができる「星渓園」。祭りの当日に少し足をのばして訪れてみてはいかがでしょうか?

観光地情報

■スポット名
星溪園

■住所
埼玉県熊谷市鎌倉町32

■電話番号
048-536-5062(江南文化財センター)

■開園時間
9:00〜17:00
※11/1〜2/末日は、9:00〜16:00

■休園日
月曜日
12/27〜1/4の年末年始

熊谷市ホームページ

リアルタイムギャラリー

フォトコンテスト投稿作品をリアルタイムで掲載中!

トップに戻る