さいたまつり映え フォトコンテスト2018

【グルメ】徳川家康考案の「鴨すき」を堪能!越谷の名店「そば処久伊豆(ひさいず)」

「そば処久伊豆」では、徳川家康が考案したグルメ「鴨すき」が食べられます。現代ではあまり食べられなくなったこの「鴨すき」を、こちらの2代目店主が復活させたそう。有名ブランドの鴨肉と地元産の越谷ねぎでいただく「鴨すき」は贅沢そのもの。越谷に来たら、一度は味わっておきたい逸品です!

住宅街にある「そば処久伊豆」。

 

店内はテーブル席と座敷があり、いずれもゆったり広めに座れます。

 

目玉メニューの「鴨すき(税込1,500円)」。

江戸時代に徳川家康が鷹狩り(鷹を放ち、鴨などを捕獲する狩猟の一種)をしていた時、仕留めた鴨をその場で食べたいと家来に言いつけ、農民から借りた「鋤(すき)」の鉄部を鍋代わりにして鴨肉を焼いたのが始まり。現代になり、この「鴨すき」はほとんど食べられなくなっていましたが、2代目店主が復活させました。

越谷には皇室(宮内庁)の鴨場があり国内外の賓客接待の場で、今でもこの「鴨すき」が食べられているそう。「鴨すき」の復活にあたっては、宮内庁職員の協力を得るなど、店主の熱意が伝わってきます!

まずは鴨を焼き、旨味たっぷりの脂が溶け出たら、それで野菜を焼きます。薬味は大根おろしと醤油というのが宮内庁の食べ方だそう。

 

鴨肉を焼いていきます!鴨はブランド鴨の「かすみ鴨」を使用。

 

たっぷりの大根おろしに醤油を絡ませいただきます。お肉はしっかりとした歯ごたえがありながら、肉汁が溢れ、とってもジューシー!鴨の脂とおろし醤油の相性がよく、驚くほどさっぱり食べられます。

 

今度は野菜を投入。まずは越谷ねぎをいただきます。ぎゅっと締まったねぎが鴨の脂を吸って、旨みたっぷりな味わいになります!なすやししとうなどの野菜も、鴨の脂の効果が最後の一口まで楽しめます。

 

「そば処久伊豆」ではそばも忘れてはいけません。こちらは人気メニューのかきあげせいろ(税込980円)。

 

巨大なかきあげが、インパクト大!越谷ねぎをふんだんに使ったかきあげは、噛み締めると口の中が香ばしいねぎの香りでいっぱいに。

歴史ある「鴨すき」を現代に復活させた「そば処久伊豆」。「鴨すき」をつつきながら、そばを堪能するランチがオススメです!

トップに戻る