春日部エリア観光情報

【見どころ】日本一を誇る「百畳敷の大凧」のグッズに注目!「道の駅 庄和」

東武鉄道春日部駅からバスで約20分。江戸川のすぐ近くにある「道の駅 庄和」は、2005年にオープンした施設です。入り口上に飾られた大凧が目を引きます!

「大凧揚げ」は江戸時代から続く歴史あるお祭りで、地元では欠かせない存在。毎年1月に「今年の文字」を募集し、大凧を作成。5月のお祭りでお披露目されます。なんと縦15m、横11m、800キロという大きさで、その名も「百畳敷の大凧」! 
揚げるには大人100人ががりだというから驚きです。ちなみにここに飾られているのはその半分ほどの、子どもたちが揚げる大きさ。

直売所では庄和地域の新鮮な採れたて野菜と、全国の農家さんから仕入れた野菜や果物が並びます。地元の野菜は特に人気。お昼ごろには完売も続出するので、早めに行くのがおすすめです。

かぶ、白菜やピーマン、里芋、ゆずなど、地元の方が思い思いに手に取っていました。

庄和の特産品である黒豆「庄和黒」は、丹波種の黒豆。10月に青々と実り、枝豆として楽しめ、12月には黒豆が収穫できる、2度おいしい黒豆です。

直売所では煮豆や焼酎、黒豆きな粉など、オリジナル商品を販売しています。

中でも人気なのが「黒豆まんじゅう」。大粒の庄和黒が入ったまんじゅうで、毎日できたてが食べられます。庄和黒には1区画を収穫する権利がもらえるオーナー制度があり、枝豆採りが楽しめるのだとか。黒豆の枝豆は普段とは違うコクがあるとのことなので、気になる方はオーナーになってみるのもおすすめです。

春日部と言えば!のクレヨンしんちゃんグッズももちろん販売中。ひまわりのデコレーションが目を引きます。ちなみに春日部駅の発車チャイムはクレヨンしんちゃんの曲です。

また、市内限定の絵はがきセットも販売されています。領収書兼しおりがかわいい。

全国それぞれの道の駅で販売している記念きっぷは、庄和でも購入できます。コレクターの方に人気のアイテムで、きっぷに印字された数字がゾロ目だと色が違うなど特別使用。まとめ買いする方もいらっしゃるそうです。

「食彩館」では黒豆を練り込んだうどん、カレーなどが食べられます。屋外軽食は焼き鳥、焼きまんじゅうなどの屋台が並び、小腹を満たすのにもぴったり。

また「情報館」では地下神殿と呼ばれる春日部市内・首都圏外郭放水路の情報パネルも見られますよ。

レンタサイクルの無料貸し出しも行っています。近所を散策する方も多いのだとか。利用したい方は事務所にお声がけください。すべり台や「ザイルクライミング」などの遊具もあり、休日は家族で訪れる人も多いそう。

ちなみに、道の駅ではサイズを選んで文字を入れるオリジナル凧のオーダーもできます。出産や開店のお祝いに贈られているそうですよ。地元の方に愛される「道の駅 庄和」、ぜひお立ち寄りください!

観光地情報

■ スポット

道の駅 庄和
 

■ 住所

埼玉県春日部市上柳995
 

■ 営業時間

本館(直売所・お土産)-08:00~19:00

情報館-09:00~18:00 他
 

■ 定休日

1月1日、2日、その他臨時休館日あり
 

■ アクセス

春日部駅からのアクセス-

・春日部駅より朝日バス「春日部駅東口バス停」から「関宿中央ターミナル」行き

「農協センター前」下車すぐ 所要時間:約20分

公式サイト/関連サイトはこちら