さいたまつり映え フォトコンテスト2018

【グルメ】小鹿野発祥!圧巻のドデカサイズの「わらじかつ」なら「東大門」

 

小鹿野のグルメといえば「わらじかつ丼」は外せません。今では、秩父市内の多くの場所で食べられるようになったものの、もともとは小鹿野が発祥の地。そんな小鹿野で、異彩を放つ(?)ほど大きな「ドデカわらじかつ」を提供しているお店が「東大門」です。

 


「東大門」は小鹿野の中心街にある精肉店が営む焼肉レストラン。昭和45年に精肉店として創業した「東大門」は、昭和47年からレストランをスタート。その頃から「わらじかつ丼」を提供しているそうです。

 

ランチ時には「わらじかつ丼」を求めて多くのお客さんが訪れています。(「わらじかつ丼」は夜も食べられます)

 


ランチは豚肉を使った丼ぶりものがメイン。注目すべきは、テレビや雑誌で多く取り上げられている「メガわらじかつ丼(税込1,500円)」。5人に1人くらいしか完食できないという、圧倒的なボリューム…

 


こちらが「メガわらじかつ丼」。大きめの丼からはみ出るサイズのカツが2枚、堂々と乗せられています(笑)。重さはなんと1.4kg!ご飯は2合にも及びます。

秩父の「わらじかつ丼」は、二足のわらじに見立てていることから、カツが二枚乗るのが定番。味付けは特製のタレにつけたタレカツ丼です。

 


手のひらをゆうに超えるそのサイズ感に、驚きを隠せません…

 


箸で持ち上げても、そのずっしりとした重量感に圧倒されます。「東大門」は精肉店を営んでいることもあり、豚肉の選定には特にこだわりがあるそう。そのため、お肉はとても柔らかく、染み込んだ特製ダレと相性が抜群!一気にご飯も頬張りたくなります(笑)。

 


店内には、「メガわらじかつ丼」を完食した猛者たちの写真が!みなさん、すごいですね…
ちなみに、「メガわらじかつ丼」はグループでシェアしてもOK。無理せず、仲間で食べるのもオススメです。

「わらじかつ丼」発祥の地、小鹿野で注目を集めている「東大門」。デカ盛りに自信のある方は、ぜひ1度チャレンジしてみてください!

トップに戻る