さいたまつり映え フォトコンテスト2018

【グルメ】創業260年!秩父を代表する地酒・武甲正宗の蔵元「武甲酒造」

秩父に訪れたら、ぜひ楽しみたいのが地酒。秩父市内にある「武甲酒造」は創業260年を超える老舗で、秩父を代表する地酒「武甲正宗」の蔵元です。秩父鉄道「秩父駅」から徒歩4分ほどの場所にある柳田総本店では、武甲酒造のお酒を購入できるほか、試飲を含む酒蔵見学ができます!(見学は10名以上で要予約)

 

お店は国指定の登録有形文化財で、204年もの歴史がある建物。

 

事前に10名以上で予約をしておけば、武甲酒造の蔵元さん自らが案内する、酒蔵見学も可能です。

 

蔵内にある内井戸。実は、武甲酒造で使用している水は、「平成の名水百選」に選ばれた「武甲山伏流水」。良質な湧き水が武甲酒造のお酒を支えています。

 

ちなみに店舗裏では、自由に「武甲山伏流水」を汲むことができます。その場で新鮮な湧き水を楽しむもよし、ペットボトルに汲み、自宅でいただくもよし。無料でいただけるので、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

30分程度の酒蔵見学を一通り終えたら、最後はお楽しみの試飲へ!複数の種類のお酒を自由に試飲することができます。

「どのお酒が一番おいしいんですか?」という質問がよく飛び出るそうですが、見学を案内してくれた長谷川社長さん曰く「料理やシチュエーションによって、全然違う。ぜひ、自分の飲み方に合うお酒を選んでほしい」と試飲の場でもお話しされていました。

試飲後は店内でお好きなお酒を購入できます。

 

こちらは、梅の赤と米の白が混ざってピンク色のお酒になった「桃萌(もももえ)720ml 税別 1,000円」
※スモモとウメの交配種

梅酒(うめしゅ)ではなく梅酒(うめざけ)と呼ばれる種類で、赤い梅とお米で作るそう。

 

 

秩父を舞台にしたアニメのラベルのお酒も充実!

 

本醸造の「ミニタル(税別 1,300円)」はお土産にぴったりの見栄えです(笑)。

 

お酒選びに迷ったら、ぜひ参考にしたいのが、店内にある商品カタログ。それぞれの商品の特徴や、オススメの飲み方が丁寧にまとめられていて、お酒に詳しくなくても、このカタログがあれば、お好みのお酒に出会えるはず!?

観光地情報

■スポット名
武甲酒造 柳田総本店

■住所
秩父市宮側町21-27

■電話番号
0494-22-0046

■営業時間
8:00~17:30
※酒蔵見学は営業時間内であれば対応可能
※10名以上の参加で事前予約が必要

■定休日
元旦以外無休

■アクセス
秩父鉄道「秩父駅」から徒歩4分

公式サイト
トップに戻る