さいたまつり映え フォトコンテスト2018

【見どころ】大河ドラマ「真田幸村」に登場!幸村の妻・小松姫が眠る「勝願寺」

鴻巣駅から徒歩で10分ほどの距離。宿場町の雰囲気を今に残す鴻巣宿……風情のある街並みの中に門を構えるのが「勝願寺」。門の前の大きな石柱が目印です。

 

「勝願寺」は2016年に話題になった大河ドラマ「真田幸村」に登場した、吉田羊さん演じる真田信之の妻・小松姫が眠るお寺です。

 

本堂は、歴史を感じさせる立派なたたずまい。厳かな雰囲気で心も静かになります。

 

写真の手前側が小松姫の眠る墓。その横には、剛勇で知られ、漫画『センゴク』の主人公でも有名な仙石秀久や、真田信之と小松姫の三男・真田信重とその正室の墓が並びます。

 

小松姫は、良妻賢母な武将の妻として人々の信頼も厚かったとのこと。草津温泉へ療養に向かう道中、鴻巣の地で倒れたため、ここ勝願寺に眠っています。(勝願寺の他、芳泉寺(長野県)、正覚寺(群馬県)に分骨されている)

 

年に一度、11月14日に催される十夜法要(じゅうやほうよう)※1は、関東三大十夜にも数えられ、多くの参拝客が訪れます。また、ひな人形の街としても有名な鴻巣。この十夜法要の中では人形供養も行わるとのこと。歴史感じる勝願寺で、静かな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

※1 十夜法要 念仏に感謝の気持ちを込めながら唱(とな)える、浄土宗で大切にされている法要のこと。

トップに戻る