川越

おまつりに行ったら寄りたい!川越のフォトジェニックスポット!

魅力的なお店や商品、おしゃれなグルメが楽しめる小江戸・川越。その中でも、ついつい写真に撮ってSNSで自慢したくなるようなスポットをご紹介!町歩きの際に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【見どころ】和ろうそくHAZE(ヘイズ)

観光地情報

■スポット名
HAZE

■住所
川越市元町1-12-6

■電話番号
070-5563-4862

■営業時間
11:00-18:00

■定休日
水曜日

「HAZE」公式サイト

起源は室町時代までさかのぼるともいわれている「和ろうそく」。その伝統的な工芸品を後世に伝えるべく、2015年にオープン。和ろうそくの販売だけではなく、実際に作業しているところが見られたり、手作り体験ができたりと特に女性に人気のスポットです。

 

中に入ると、雰囲気のいい、まさに工房という感じがするお店。木のあたたかさや温もりが感じられますね。

 

目の前では、早速、和ろうそくづくりを見ることができます。

 

こちらは製作途中の和ろうそく。一本、一本、丁寧に仕上げていきます。

 

スタンダードな和ろうそくは白色をベースにしたものが多いとのことですが、「HAZE」の和ろうそくはパステルな色づかいが特徴。色の組み合わせ方によって、バリエーションが豊富なので、自分の好みにあったものが見つけられそうですね。

 

商品の名前もキレイですね。色のグラデーションがまさに「虹」のように見えますね。

 

こちらは単色で少し小さいもの。好みの色を5色選べる「カラフルミニー(5本入り、税抜1,800円)」。

これ以外にも、燃焼時間が7分のとっても小さいタイプなど、色だけでなく、用途の違いでも商品が選べそうですね。

 

こちらは、和ろうそくの原料となるハゼの木の実。実を砕く、蒸す、絞り出すという工程を経て、ろうそくの原料になる「ハゼロウ」が出来上がります。

 

木の実から作り出す、和ろうそくは風がなくても炎が揺らぐという特徴があるそう。これだけ大きな炎が揺らぐと、何だか落ち着きそうな感じがします。

伝統工芸に、現代のセンスやライフスタイルを加えた「HAZE」の和ろうそく。半身浴の最中や、お酒を飲むときなど、リラックスしたいときに使う人もいるとか。あなたのお気に入りの1本を見つけて、使ってみてはいかがでしょうか。

【グルメ】小江戸オハナ

観光地情報

■スポット名
小江戸オハナ

■住所
川越市仲町2−2

■電話番号
049-225-1826

■営業時間
平日11:15~17:00(LO16:30)
土日祝11:00~17:00(LO16:30)

■定休日
無休

「小江戸オハナ」公式サイト

何度もメディアで取り上げられ、連日行列の絶えない人気店「オハナ」。たまご焼きや親子丼をはじめ、極上のたまご料理の数々に、舌づつみを打つこと間違いなしです!

大きなゆでたまごの看板に、「玉子焼」の札が目印。

 

こちらが人気の「極上親子丼(写真は大盛り/税抜1,350円)」。丼ぶりを埋め尽くす、濃い黄色の卵がものすごいインパクト!千葉県産の濃厚な赤卵を使っていて、お出汁は数種類の魚介類をブレンドしているというこだわりようです。

 

近づいてみると、卵のトロトロ具合がよくわかります。大盛りを注文すると真ん中の卵黄がトッピングされます。濃厚な味にさらに進化します。

 

岩手産の地鶏はやわらかくてジューシー!やさしい卵の味としっかりとしたお肉の味が絶妙に絡んで、大きな丼ぶりなのにあっという間に食べれちゃいます。

 

そして、もう一つ紹介したいのが、こちらの「貴婦人の卵サンド(税抜850円)」。親子丼が出てくる前の、「前菜」にと、お店オススメのメニューです。

 

普通の卵サンドとは違い、厚焼き玉子をはさむタイプのサンドです。できたてなので、熱々、ふわふわ!卵焼きの甘みの中に、ちょっとツンと来るマスタードがちょうどいいアクセントで、ペロっと食べれちゃいます。これは確かに前菜でした!(笑)

「蔵の中で、家庭的でやさしい食卓をゆっくり楽しんでほしい」という想いから誕生した「オハナ」。ハワイ語で「家族」という「オハナ」では、連日多くの人々が、誰もが親しみのある卵料理を楽しんでいます。そのおいしさを家族や友人と楽しんでみてはいかがでしょうか。

【グルメ】小江戸おさつ庵

インスタグラムで「#川越」と検索すれば、必ず目に飛び込んでくるインパクトのある姿、それが「小江戸おさつ庵」の「おさつチップス」です。さつまいもをそのまま縦にスライスし、揚げたこのチップスは、川越の街中でも大流行中!

 

川越の代表的な名所「時の鐘」のすぐ近く(この通りの奥)に「小江戸おさつ庵」はあります。

 

こちらが「小江戸おさつ庵」。テイクアウト専門店で、食べ歩きに最適なお店です。

 

揚げたての「おさつチップ(税込500円)」は、ディップソースを選んで購入します。一番人気のソースは「塩バター」。塩を振ったチップスを、溶けたバターにつけていただきます。ちなみにソースは他にも、キャラメルクリーム、黒蜜クリームなど、10種類以上から選べます。

 

そして、手渡された「おさつチップス」。とにかく存在感が桁違いです(笑)。

味もさつまいもをそのまま揚げているため、何もつけずに食べてもさつまいもの風味と香ばしさが抜群!そこにバターをつける子とでまろやかさ増し、違った味わいを楽しむことができます。

「小江戸おさつ庵」は、さつまいもを使った団子、ソフトクリームを販売していましたが、4年ほど前から「とにかくインパクトのある商品を作ろう!」と、「おさつチップス」を考案。その狙いが見事にあたり、インスタグラムが一般的に流行り始めた約2年前から人気が高まり、今では行列が絶えないお店になりました。

 

「おさつチップ」を購入したら、このショットは外せませんね!「時の鐘」と「おさつチップ」のコラボ!きれいに撮影しようと四苦八苦していたら、多くの方の注目を集めてしまいました(笑)。それくらいインパクトのある「おさつチップ」。川越の街中だけでなく、SNSの中でもその存在感を発揮することは間違いありません。ぜひ、試してみてください!

【グルメ】KOEDO LOUNGE by Market TERRACE

「小江戸の西麻布」をコンセプトに、2014年6月にオープンした「KOEDO LOUNGE(コエドラウンジ)」。地元産の野菜など厳選した素材にこだわった料理や、地ビールなどをそろえ、地元の人から川越を訪れる人まで、たくさんの人に人気のお店です。

 

本川越駅から徒歩3分のアクセスしやすいお店。

蔵造りの通りに向かう途中にあるお店なので、行き帰りに立ち寄るのにいいですね。

 

お店の内装から、ちょっと高級な感じが伝わってきます。壁にかかっている写真は、川越を写したきれいな写真ばかり。お店の雰囲気からも川越愛が伝わってきます。

 

川越の地ビールと言えば、「COEDOビール」。こちらでは、新定番商品 -毬花- を含めた6種類の味を楽しむことができます。

 

今回は、「COEDOビール紅赤(税抜950円)」をいただきました。こちらは、川越名物さつま芋を使用しているのが特徴。赤みがかった琥珀色がなんとも美しいですね。さつま芋を原料にしているためか、少し甘い香りを楽しむことができます。

 

シェフのオススメ料理のひとつ、「仁村薫さんの小江戸産キヌヒカリで作ったイタリア産ポルチーニ茸のアランチーニ(税抜900円)」。仁村さんは、巨人や中日で活躍した元プロ野球選手で、現在は川越の実家を継いで農家をされているそうです。その仁村さんの川越米がこのコロッケの主役です。

 

サクサクの衣の中には、自慢のお米とポルチーニ茸を使ったリゾットがぎっしり!とろけるような、クリーミーな味わいとデミグラスソースのコンビが美味しさを演出しています。

 

こちらは「秋の味覚たっぷりパワーサラダ〜林檎のオリジナルドレッシングで(税抜800円)」。旬の野菜など、地元の新鮮な食材がたっぷり。このサラダにも川越名物のさつま芋が使用されています。ドレッシングは自家製で、りんごやハチミツをベースにしたあっさりとした味に仕上がっています。野菜だけでなく、鶏の胸肉や、ドライフルーツなども入っていて、メニューの名のとおり、パワーがつきそうな栄養満点のサラダですね。

 

月替わりのメニューがあるというのも、このお店のいいところ。紹介したメニューは2017年10月のメニューなので、ぜひ川越まつりに訪れた際は、足を運んでみるのはいかがでしょうか。

【グルメ】足湯喫茶 椿や

蔵づくりのメイン通りに面したスポット「椿の蔵」は、インスタ映えの宝庫!特に、お店の奥にある「足湯喫茶 椿や」は、賑やかなメイン通りとは打って変わって、静かな庭園で足湯に浸かりながらくつろげるオススメのスポットです。

 

こちらが「椿の蔵」。和雑貨ショップ「倭物や カヤ」やパワーストーンショップ「岩座」、足湯喫茶「椿や」などが集まった複合店舗です。

 

店内に入ると、風鈴が吊るされた吹き抜けが目に飛び込んで来ます。着物を着た人がこの店内で写真を取ることも多いそう。

 

1Fの「倭物や カヤ」は、手ぬぐいや和風のバッグといった和雑貨を扱うお店。現代でも使える、おしゃれな和雑貨が目白押しです。

 

2Fのパワーストーンショップ「岩座」では、御朱印、天然石アクセサリーなどを扱っています。こちらは盛り塩体験。誰でも簡単にきれいな盛り塩ができます。

 

お店の奥に「足湯喫茶 椿や」があります。こちらでメニューをオーダーをすれば、中庭の足湯スペースでくつろぐことができます。

 

「足湯喫茶 椿や」では、足湯を楽しめる他、川越“ならでは”の、地元産スイーツやドリンクを楽しめるのが特徴。川越唯一の酒造「鏡山酒造」の仕込み水を使った「蔵の街さいだぁ」や、河越抹茶の濃厚な抹茶アイスがアクセントで人気の「あんみつ」など。写真映えだけでなく、おいしいものが楽しめるも嬉しいですね。

 

こちらが足湯スペース。色とりどりの傘が鮮やかに庭園を彩ります。

 

2大人気メニューの「蔵の街さいだぁ(税抜400円)」と「あんみつ(
税抜680円)がこちら。(セットでオーダーすると、50円おトク!)

「蔵の街さいだぁ」は川越の鏡山酒造の仕込み水を一部使い、人工甘味料を一切使用していないサイダーです。夏にはこれを足湯を楽しみながら飲み干す人が続出だそう!

「あんみつ」は河越抹茶を使ったアイスクリームが人気の秘密。濃厚な味わいのアイスは、白玉や寒天と一緒に食べると、ちょうど良い濃さで抹茶の風味を楽しむことができます。

 

足湯に浸かりながら、川越のご当地グルメを堪能できる「足湯喫茶 椿や」。祭りの最中でも、ほっと一息つけるとても素敵な場所です。ぜひ、立ち寄ってみてください。

 

 

このエリアのまつり情報